Q&A・症例のご紹介

アレルギーでお悩みの方へ

アレルギーに鍼治療が効くという事実をご存知の方は少ないかと思います。当院に来院する方も最初からアレルギーの治療で来院される方は極めて稀です。
まずは腰痛など他の整形外科疾患で来院し、治療の過程で「そういえば鍼をするようになってからアレルギーの症状が改善してきました。」と初めて気付き、腰痛が治ってからもアレルギーの治療を継続されていく方が大半です。アレルギー治療が目的で来院する方も、まず皮膚科、耳鼻科などを受診され、ありとあらゆる健康法を試し最後に鍼治療にいらっしゃいます。皆様最初は半信半疑です。

同じ環境で暮らしていても、多数の人が何ら反応を示さないのにある人にのみ違う反応が現れる、また同じ人で同じ条件でもその時々で反応が出るときと出ない時がある・・・これは個人の体質の違い、その時々の体調・抵抗力の違いによるものと考えられます。「アレルギー体質」という言葉があるように、アレルギーには体質が大きなウエイトを占めています。体質が改善され抵抗力が上がればアレルギーの素因はあっても自ずと症状は抑えられます。

個々の身体に合わせて体質を改善し、抵抗力を上げて症状を抑えることは鍼灸治療のもっとも得意とするところで、再発しないように体質改善を図れる場合さえあります。

アレルギーとは?

アレルギーとはドイツ語で「変わった反応」という意味で特定物質に対する過敏反応のことを言います。つまり体に入った特定の異質(抗原)の害に対して必要以上の攻撃を加え正常な組織にまでダメージが生じる過剰免疫反応のことを指します。

1906年にオーストリアの小児科医がアレルギーを起こす抗原物質をアレルゲンを命名しました。
日本では1965年頃から増加し始めた比較的新しい疾患です。原因は生活環境と遺伝と考えられています。食品の欧米化による食生活の乱れ、大気汚染などの環境アレルゲンの増加、複雑なストレス社会などによりわずかの期間で「国民病」とまで言われるようになりました。今や国民の5人に1人以上は何らかのアレルギー疾患に罹患してると言われています。

アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー性鼻炎、気管支喘息がアレルギーの代表疾患です。その他にも蕁麻疹、食物アレルギー、薬物アレルギーなど多岐に渡り、児童の注意欠陥多動性障害、鬱、ノイローゼなどもアレルギーと見る学者もいます。

鍼灸治療ではアレルギー全ての疾患に効果は見込めますが、特に治験の多いのはアトピー性皮膚炎、花粉症です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーを伴う湿疹を主な症状として現す病です。発症は乳幼児期が最も多く、6割が4歳までに発症しています。しかし、最近はストレスが原因で思春期以降、中には30代以降に発症するケースも珍しくありません。
具体的な治療といたしましては、私共が所属する「東洋はり医学会」ではアトピー性皮膚炎を起こしやすい体質を次の3つに分類し、それぞれの体質で治療を組み立てています。

1. ストレスにより肝臓の解毒機能が低下しているタイプ。この体質は甘い物を好み水分を多く摂取し、体格は肥満が多く梅雨から夏にかけて悪化するケースが多くみられます。
2. 腸が弱く便秘や下痢を繰り返すタイプ。女性に多くやせ気味、色白で乾燥してザラツキのある皮膚が多く、しかも僅かな刺激に対しても過敏です。秋から冬にかけて悪化するケースが多く見られます。
3. 排尿に問題があるタイプ。高齢者に多く肌の色は黒く多汗、皮膚が湿っぽく夏に悪化するケースが多く見られます。

それぞれ肝臓の機能回復、便通の改善、排尿の改善に重点をおいての治療になります。要は不要物が対外に出ない原因を見極め改善すれば良いわけです。いずれのケースも敏感な方が多く、鍼も灸も全く感じない程度の弱い刺激の治療が中心になります。アトピーを含めアレルギー疾患は治療に長い期間を要する疾患です。痒みが軽減するなどの治療効果は比較的早く出ることも多いですが、目に見えて変化が実感できるまでは週1回程度の治療を3ヶ月程、完治までには1年は治療を継続する必要があります。

アレルギー性鼻炎(花粉症など)

花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎の現す症状は、薬品のテレビコマーシャルで一般にも知られるとおり、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・喉の腫れ痛み・頭痛・頭重など、頚から上の症状が殆どです。東洋医学ではこれら個々の症状は勿論、この「頚から上」に最も着目します。患者さんの話を伺うと鼻炎の季節になると「のぼせる」「顔があつい」「上半身、特に顔に変な汗をかく」と言う頚から上の症状と、それらとワンセットで「下半身が冷える」と訴える方が多いのに気が付きます。よく「頭寒足熱が身体によい」と言われる状態が逆になってしまった症状です。また、全く汗をかかず全身寒がりで小水が近いと訴える方もいらっしゃいます。前者はくしゃみ・鼻水を主に訴える傾向が強く、後者は鼻づまりを訴える傾向があります。

要は、もともと体温調節に問題がある体質がこの季節になると悪化するわけで、ここが改善されればアレルギー性鼻炎の症状はおさまりますし、治療はさほど難しいものではないのです。1〜2回の治療でそのシーズンは全く症状が出ない方もいらっしゃいますし、3〜4日は調子がよいが症状がすぐに戻ってしまう方と様々です。治療を受ける毎に調子のよい期間が長くなり、そのシーズンを乗り切るという方が多いようです。

ページの先頭へ

肩の痛み・腰の痛みでお悩みの方へ

五十肩など肩の痛みでお悩みの方

五十肩は、鍼灸治療で最も痛くなく、早く効果を出すことが出来ます。
五十肩は、何もしなくても時が来れば必ず治る病です。しかし大変つらい病です。痛みの度合い・痛む期間は人それぞれですが、酷い場合は身体から腕が離れない・脇の下に反対側の手も入れられない、疼いて眠れないほどの痛みが数ヶ月から何年も続くといったケースもあります。「必ず治るとは言っても治せるのであれば一刻も早く治したい」「せめて痛みだけでも軽減したい」と願うのは当然です。しかし五十肩は腰痛などの他の整形外科疾患に比べ治し難い病でもあるのです。
病院に行っても効果があった話はあまり聞いたことがありません。何もしなくともいずれは治る為か「老化現象」でかたづけられてしまいます。温熱療法やストレッチングをやってくれる所はまだ良いほうで、湿布と飲み薬を投与されるだけで終わりの所が意外と多いようです。
マッサージに行っても肩こりであれば対処できても、五十肩となると殆ど効果は期待できません。1日だけでも軽くなればもうけものです。
鍼灸院でも五十肩にはてこずるケースが多いようで、経験も実績も豊富な先生でさえ「本音を言えば五十肩だけは苦手」と言う話はよく聞きます。私が鍼灸学校を卒業して最初にインターンでお世話になった先生も冷え性による腰痛・肩こりの治療はとても上手で患者さんの絶大な信頼を得てましたが、当時五十肩には大変な苦手意識をもっていました。当然治療効果はあまりはかばかしいものではなかったと記憶してます。

五十肩という言葉は江戸時代中期の文献にもあります。当時は五十腕とか長命病とも言われていました。五十歳が長命であった時代ならではで五十歳位まで長生きすると肩や腕に痛みが出るためこう呼ばれていました。
五十肩と呼ばれるものは現代医学では「肩関節周囲炎」と呼ばれ、類似の疾患には腱板炎・石灰沈着製腱板炎・上腕二頭筋長頭筋炎・肩峰下滑液包炎などありますが、一般にはこれら全てを五十肩と言っているようです。
定義は「退行変性(老化現象)を基盤に軽微な外傷や血行障害が加わり肩関節周囲の軟部組織に炎症を起こし肩関節に疼痛・拘縮・可動域制限がおこる。」ことをです。俗に「使い病み」とも言われ利き腕に発症する率が高くなっています。

治療は経絡治療の原則に従ってするだけで特別なツボがあるわけではありません。あえて他の治療との違いをあげれば病気の時期によって刺激の量をいかに調節するかだけです。「症状が重いと強い薬を投与する」のは現代医学では常識です(勿論患者さんの体力を考慮に入れてですが)。状態が良くなければ強い刺激を・・と考えがちですが鍼灸治療では必ずしもそうではありません。刺激量の見極めと弱い刺激をどう使いこなすかで効果に大きな違いをもたらすのです。強い刺激で効果をだすことは鍼灸学校卒業したてのインターンでもある程度可能です。強い刺激にも勿論技術の差はでますが、経験の差が最もでるのは弱い刺激を使いこなせるかどうかなのです。五十肩は厄介ではありますが、鍼灸治療が最も痛くなくしかも早く効果を出すことが出来ます。
効果のでかたは人それぞれで症状が軽ければすぐ治るとも限りませんし、重ければ治りが悪いとも限りません。むしろ症状が重いほうが劇的に改善されるケースが多いようです。

腰の痛みでお悩みの方

椎間板ヘルニアの9割程度は鍼治療で日常生活に不自由がない程度まで回復すると言われてます。
腰痛は人間が二足歩行を初めて以降、人体の構造上避けられない病です。腰の痛みで鍼治療にいらっしゃる方は大勢いらっしゃいます。「腰痛には鍼がいい」「整形外科では何もしてくれない」と言った評判は随分浸透しているようで、当院でも1日に来院される方の半分近くは肩こりか腰痛です。鍼治療の定番ともいえるかもしれません。

一口に腰の痛みと言っても様々で、鍼治療が大変有効なもの、症状を抑えるには有効なもの、そして残念ながら根治の期待できないものもあります。治療は、まず腰痛を引き起こす原因、例えば、筋肉疲労、ストレス、内蔵疾患などの治療から始まり(本治法)患部の治療(標治法)に移ります。

筋筋膜性腰痛・ギックリ腰と言われるものは割りと早く治ります。長くかかるケースでも2〜3週間もあれば完治します。当院でもギックリ腰で3週間程度も治療を要する程、酷いケースは年に数例で、1〜3回程度の治療で完治するケースが殆どです。

変形性脊椎症は高齢の方に多く根治は難しい疾患ですが、症状を抑えることは可能で、殆どは数回の治療で症状は治まります。50歳を超えると殆どの方に大なり小なり脊椎の変形が現れてきますが、定期的に治療をしていけば日常生活に不自由がない程度を維持していくことは充分可能です。

椎間板ヘルニアは椎骨と椎骨の間でクッションの役割をしてる椎間板の中の髄核といわれるところが、神経のほうに移動しその場所に炎症を起こすことで痛みを生ずる疾患です。
ある動作をした時、響くような痛み(放散痛)が脚などに現れます。重症になると足の筋力が低下したり排尿排便障害をおこすこともあります。鍼灸治療で何が出来るかといえば一般に行われる保存療法に比べはるかに早くその炎症を抑えることが出来ます。炎症が治まれば痛みも止まりますしヘルニアも自然と消退縮小していきます。治療期間は数週間〜数ヶ月を要します。多少根気は要りますが椎間板ヘルニアの9割程度は鍼治療で日常生活に不自由がない程度まで回復すると言われています。

腰椎分離症、すべり症、脊柱間狭窄症は鍼灸治療でも病状の程度により効果はさまざまです。数回の治療で目覚しい効果があがるもの、一部の症状のみ改善されるもの、全く効果のみとめられないものもあります。根治は難しい疾患ですが痺れ痛みを和らげ病状の進行を遅らせる効果は充分期待できます。

もうひとつ鍼灸院に来院する方が多いのは坐骨神経痛です。これは上記の腰痛が原因で起こる下肢に放散する痛みをともなう症候を言います。肋間神経痛など他の神経痛同様、冷えや疲労で悪化し、他の神経痛よりも痛みが長時間持続する厄介な特徴をもっています。何をするにも例えようのない痛み苦痛が伴います。
治療は上記の腰痛治療と冷える原因の除去が中心になります。梨状筋症候群などの筋筋膜性に起因するもの、変形性脊椎症によるものであれば早め改善が見込めますし、椎間板ヘルニアが原因であれば時間はかかりますが完治します。何と言っても病状が酷くならない早目の治療が改善のポイントとなります。発症してから時間が経過すると症状も悪化し、治りも悪くなります。

ページの先頭へ

不妊でお悩みの方・安産治療をご希望の方へ

産前産後の治療は鍼灸の効果が最も期待できる分野の一つで、不妊治療・つわり改善・さかご改善・安産・産後の関節痛・産後うつの改善に効果が期待できます。

不妊でお悩みの方

不妊に悩んで鍼治療を受ける方は意外と多くいらっしゃいます。わざわざ感謝のご連絡・お手紙を頂くケースも多く毎年お子様の成長の写真入り年賀状を送ってくださる方もいらっしゃいます。(そんな大したことをしてる訳ではないのですが・・やはりお子様が授からない方の悩みは深刻なのでしょうネ)不妊治療は鍼灸の適応のひとつで、不妊治療を得意としている鍼灸院も沢山あります。学会の情報などから推察して、鍼治療で3割以上の効果は充分期待出来ると申し上げて差し支えないとおもいます。

私共も含め、所属する東洋はり医学会で不妊治療を扱う鍼灸師のほぼ一致した見解ですが、最近の傾向としては来院する方の年齢が高くなり、病院での一般不妊治療、体外受精などの高度生殖医療を受けている方の割合が増えています。この治療に関して言えば高齢で時間に制限があればあるほど、病院の不妊治療に鍼治療を併用させるべきだと思います。現在人工授精の成功率は10%未満、体外受精でも22〜23%(出産率は15%程度)と言われてます。これらから推察しても鍼灸が不妊治療に一定の効果が期待できると考えてよろしいかと思います。可能性が上がるのであれば出来るだけの事をしたほうがよいと思います。
また、もし20代から不妊治療を始めるのであれば最初のうちは鍼治療だけでいったほうがよいと思います。やはり精神的にも経済的にも、何よりも母子の健康の為にも自然妊娠に勝るものはないからです。

日本では特に避妊をせず普通の夫婦生活を2年続けても妊娠しない場合を不妊症と定義しています。赤ちゃんの誕生を望みながらも妊娠されないカップルは10組に1組いらっしゃいます。妊娠するためにはホルモンが必要な時に必要なだけ分泌され的確に作用し、女性側では健康な卵子の形成と排卵、卵管での精子との受精、環境が整った子宮内膜への着床など、男性側では健康な精子の形成、健全な性機能など女性と男性の体の仕組みが完璧に働かなければなりません。不妊治療にいらっしゃる方には不妊以外に肩こり、冷え性、胃腸障害など必ず身体の異常があります。鍼灸治療ではこれらの問題も一緒に解決していきます。生活環境や食生活などの変化で失われた、本来備わってるはずの妊娠する力を自然に取り戻すことが出来るのです。

つわりでお悩みの方

妊娠をすると誰もが程度の差はあれ「つわり」を経験します。軽くすむ方、妊娠当初から始まり出産まで続く方、入院にまでいたる方もいます。最近は「つわり」が酷いが為に来院する方がとても多くなっています。「つわり」の酷い方に共通しているのは体の冷えが強く胃腸、特に腸が弱いことです。(この傾向は不妊でお悩みの方にも多くみられます。)原因は食生活にあります。食生活の欧米化により冷たい物・からだを冷やす陰性の食品(砂糖・生野菜・乳製品など)の採りすぎと身体を温める陽性の食品(根菜類・味噌・梅干など)の不足で身体が冷やされ消化能力が低下し「胃腸が弱い体」になってしまっているからです。そして「つわり」が酷くなると胃に熱を持つ為余計にヨーグルトなどの冷やす食品を求めてしまい「つわり」を誘発する悪循環になってしまいます。またこのような方は妊娠以前から頭痛・肩こり・生理痛など冷えによる症状にも悩まされています。勿論つわりが酷くなってからでは食生活の改善は不可能ですから、まず鍼治療により「つわり」を軽く過ごせる身体に戻します。そして徐々に食生活も改善できる身体に戻していきます。

逆子・胎児の位置異常でお悩みの方

お腹の赤ちゃんは妊娠28週頃までは羊水の中で動き回っています。成長につれ固定してゆきますがこの時、正常な位置にない状態を逆子といいます。逆子の治療にも鍼灸は大変有効で28週では90%以上、32週では80%、36週でも50%の治癒率があります。逆子と診断されたら、逆子体操を指導されそれだけで戻るケースも多くありますが簡単に戻らない時は早期に鍼灸治療をご検討ください。

安産治療をご希望の方

安産のためには個々の身体にあわせて五臓六腑の機能を調整し、生命力を強化できるは経絡治療にまさるものはありません。
そうしてもう一つ安産には「三陰交」と言う特効穴があります。(このツボは健康雑誌などにも必ずでてくる有名なツボですが使う時期を誤ると流産の危険がありますので必ず専門家にご相談をするようにしてください。)「三陰交」は婦人病や男女生殖器疾患に著効があることで知られていますが安産にも大変効果があります。産婦人科医の石野信安氏も妊婦への三陰交への施灸は安産であるばかりか胎児の体質改善にも大きく役立つと豊富な実例を挙げてその効果を説いてます。安産灸の継続により初産であっても短時間で出産できます。また難産を避けることが出来ますので産後の肥立ちもよくなります。早産の予防にもなります。更に胎児の置かれている子宮内の条件、すなわち羊水の成分が理想的に経過しますので胎児が異常に動いて位置を変えることがありません。ですから斜頸・股関節脱臼・先天性脳性麻痺になるリスクも抑えることが出来ます。

また臨月に入り出産が近づいてくると背部に「陣痛促進穴」というツボの反応が現れます。
この反応はだんだん下がっていき第3〜5胸椎の高さに下がってくると出産準備OKのサインです。そこに施術をすると翌日か翌々日に強い陣痛が起こり楽に出産できます。勿論これは意図的に出産日を変える為に用いるためのものではありません。出産準備が整ったお身体への補助の為のものです。

産後の関節痛・産後うつ・赤ちゃんの夜泣きでお悩みの方

出産後手足の関節を痛めて鍼灸院に来院する方は多くいらっしゃいます。中にはリウマチを発症したかと思う程の腫れと痛みに苦しんでいる方もいます。殆どの方は慣れない「抱っこ」のしすぎと思っています。勿論それも原因の一つでもありますが出産後女性ホルモンのバランスが急激に変わるため腱鞘炎や関節痛を引き起こしやすくなっているのです。こういった症状にも鍼治療はきわめて自然に身体のバランスを戻し痛みを取り除くことができます。

出産後のホルモンのバランスの変化で発症すると言われているものに、もう一つ「産後うつ」があります。これは出産直後一過性に起きるマタニティーブルーとはちがい出産後1月程からなりやすく発症すると3ヶ月〜1年は続きます。殆どのケースは自然と治りますが程度は様々で軽度のものから相当深刻なケースまであります。自分自身を責め、家族にも責められ余計に深刻になっていきます。自然に治ると言ってもこんな思いからは一刻も早く開放されたいのではないかと思います。産後に限らず「うつ」には鍼灸治療の高い効果が認められています。お一人で悩まず是非ご相談ください。

意外と思われるかもしれませんが赤ちゃんの夜泣きにも鍼治療は大変効果があります。効果も早く、殆どは1回〜数回の治療で解決します。詳しくは「夜泣き」をご覧下さい。

ページの先頭へ

その他こんな症状でお悩みの方へ

肩こり・眼精疲労・頭痛でお悩みの方

サラリーマン・OLの方は、仕事で一日中机に向かいパソコンに向かっている為、肩こり・眼精疲労・頭痛が当たり前のようになっています。もともと人間の目はパソコンの端末を見るようには出来てはいませんので肩がこるのは当然です。そのうえ長時間の坐り仕事、運動不足、冷房、食生活の欧米化などが冷え性・むくみ・便秘・生理痛・肌荒れなどを引き起こし余計に肩こりを助長します。そして更に症状が進むとめまい・はきけ・動悸・息切れ・イライラ感そしてうつ症状・神経痛・婦人科疾患などを引き起こします。これらの症状は、特に女性の患者様は殆どワンセットになって来院します。

そしてもう一つとても最近気になる傾向があります。それは肩こりを自覚していない人・自覚できない人が増えているように見えることです。自覚的には体調が悪くないので一見健康そうに見えますが身体の異常を感じ取るセンサーが鈍くなってるだけで、肩こりを訴える人よりも逆に危険な状態と言う事もあるからです。肩こりは身体の発する警告反応でもあるのです。

こる場所をもむだけででも病気予防にはなります。また眼精疲労など、それぞれの症状に大変効果のあるツボもあります。しかしそれだけでは対象療法にすぎません。鍼灸治療は、肩こりなど一連の症状を引き起こす元を治していきます。肩こりが解消すると同時に他の症状も一皮ずつ解消していくのが実感できるとおもいます。

ページの先頭へ

お子様の夜泣き・疳の虫・おねしょでお悩みの方へ

お子様の鍼治療は効果がとても早く現れます。
身体に触れるだけでお子様の脳からは安らぎを与えるホルモンが活発にでます。優しく抱きしめるだけで子供は元気になるものです。この時最も治療効果の高かったツボを古の人々は経験で体得していました。それを体系化したものが小児はりです。小児は大人に比べて気の動きがとても早く、少しの治療で効果が大きく現れます。夜泣き、疳の虫、おねしょ等は病院でもなかなか解決できませんが鍼灸治療では驚くほど早く解決できます。

夜泣きでお悩みの方

赤ちゃんが良く食べ、眠り、元気に泣いていれば心配はいりません。6ヶ月頃から「夜泣き」をおこす赤ちゃんが多くいます。原因ははっきりしていませんが、知能の発達や睡眠のバランス昼間のいろいろな刺激が関係しているようです。

夜泣きは赤ちゃんが成長すれば自然に治まりますが、その間赤ちゃんと長く過ごすお母さんは大変です。身体に優しく効果の早い鍼灸を是非お試し下さい。赤ちゃんの体質を強くし体調も整えます。

疳の虫でお悩みの方

小児神経症ともよばれ、キーキー声、物を投げつける、噛み付くなど、乳児特有のストレス症状を一般に疳の虫と言ってます。子供は母親の胎内から出たときから自立心が育ち始めます。心の成長と身体のバランスが取れてれば良いのですが、心では出来ると思っても、まだ体が成長していないためうまくできないことが多々あります。身体の成長よりも心の成長がが早く、周りの大人にうまく伝えられないためイライラして疳の虫がでます。放っておくとそれがストレスとなり脳の成長を妨げることにもなります。またご両親にもおおきなストレスとなり余計にお子様に悪影響を与えてしまいます。この疳の虫にも鍼灸は大変な効果が期待できます。

おねしょでお悩みの方

夜尿症とは4〜5歳以後に少なくとも月1回以上のおねしょがあるものをいいます。5歳児で10〜15%、10歳児で7%程度みられ、どの年齢においても男児が2〜3倍多いことが知られてます。

夜尿症のお子さんは、排尿の日内リズムが未熟である為、夜間睡眠中の抗利尿ホルモンの増加が悪く尿量の減少が不十分だったり、自律神経のバランスが未熟で膀胱容量の増加が不十分なため夜間睡眠中に容量以上の尿ができ睡眠中に尿意が発生します。子供は生理的に眠りが深いため、この尿意では覚醒することができず夜尿をしてしいまいます。

京都府立医科大学泌尿器科の小児泌尿器科疾患のページでも「仙骨部のツボを刺激すると膀胱容量が増えることが判明しており、週一回の治療で効果があります」と記載されています。それだけではなく鍼灸治療は身体の成長のバランスを整えるとともにストレスの解消にも効果がありますのでお子様にも喜んで治療が続けられます。

ページの先頭へ

Q&A〜よくあるご質問とその回答〜

Q.鍼治療は、痛くないの?
当治療院で行なっている治療は、鍼が皮膚に触れるか触れないかの施術ですので、痛みは、全くありません。用いる鍼は、微鍼と呼ばれる髪の毛程度の太さの鍼や皮膚に刺さない鍼等です。
Q.鍼の消毒は安全ですか?
当院ではすべてディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しておりますので安全です。

ページの先頭へ